So-net無料ブログ作成

EXPLORASI:探検旅行 2日目その2:行ったり来たり。*インドネシア、ボロブドゥール寺院前でのグループ展 [インドネシア関連]

インドネシア、ジャワ島の真ん中辺にある、古都ジョグジャカルタ。 そこから車で一時間ほどのところにあるのが、ボロブドゥール遺跡。 その前で、2016年にグループ展があり、参加しました。 私はグループ展を見に、ジョグジャカルタに一週間ほど滞在。 この記事は、帰国後、思い出して書いています。


早朝ジョグジャの空港につきました。ジャカルタから飛行機で一時間。こちらは晴れていました!
この日は、ジョグジャと、ボロブドゥールの近くを行ったり来たりしました。

IMG_3582.jpgた。


まずは滞在中、泊まらせていただく、加藤さんのお家まで移動です。
加藤さんは、今回のグループ展に参加の画家。
またムンドッ寺院のすぐそばで、バティック(STUDIO MENDUT)のお店をされています。

ムンドッ寺院は、ボロブドゥール寺院からも近いので、今回の展示会場にもすぐ。

ジョグジャの市内(空港)から一時間くらいです。
空港のタクシー受付でタクシーを頼み、お家まで行きました。
(250.000ルピア。:片道の料金)

*空港からもボロブドゥール方面のバスは出ているそうです。

IMG_3579.jpg

ジョグジャには、ブルーバードタクシーはないのです。
(バリや、ジャカルタで有名?な乗るには安心のタクシーの会社だそうです。)

タクシー利用を呼びかける、お兄さんたちが出口で、お客さんに声をかけています。
でも、ここでついて行かずに、

空港出口の右側に、タクシー受付があります。
そこでタクシーを頼みます。
受付で行き先を告げ、言われた金額をその場で支払います。
乗るタクシーの番号を聞いて、払った金額のレシートと、おじさんに渡すレシートを受け取る。
タクシーの乗り場まであるくと、レシートをもったお客さんたちが並んで、
自分ののる予定の番号のタクシーを待ちます。
言われた番号のタクシーのおじさんにレシートをわたして、乗り込みます。
(ドアは手動です。)

運転手さんは、行き先知ってそうなので、ちょっと安心。
(「知ってるよー」と、自信満々だったのに、人に道を尋ねまくる運転手さんもいるけど。)

運転手さんは、断食しているとのこと。
「シャベルと、ノド カワク ノ では?」と片言で私が聞くと、
「断食は健康にもいいんだよ〜ワハハ〜。」って、言ってました。

加藤さんの家に、到着できてホッとしました。
出発から連絡してなかったので心配されてました。すみません。
(空港でwihi使うの忘れてました。)

IMG_3080_2.jpg

機内の朝食パンや、クッキーをぐもぐ。
苦瓜のココナッツ詰めを頂く。(ココナッツは甘くなく、ピリ辛味)
3時頃まで昼寝。ぐぐう〜。


起きると、薄暗くなっていて、雷の音がしていました。
参加作家の一人、アリフさんが、やってきました。
初めてご挨拶する。

3人でジョグジャカルタの市内まで車で出発。
市内のアートスペース。ASPでの展示をみるためです。
今日が展示初日で、オープニング。

ソロ在住の高屋佳乃子さんと、ジョクジャカルタ国立芸術大学(ISI)のフダトゥラさんの2人展です。

食事ができる、buka puasa(断食明け)からの、オープニングになります。
6時前に断食明けになるので、人が集まりだすのはそのあとぐらいから。


途中から土砂降りになり、雷もゴロゴロ。
雨期みたいです。
ビーチサンダル持ってきてよかった。

ASPの近くのアトリエで、制作されている若い画家さんと合流。
コンビニの前の屋台で、できたてのチョコ味のマルタバ買い、ASPに。
(チョコ入りホットケーキ。甘いのや、おかずの中身とか。色々あります。)

半年ぶりに会えて嬉しかったな。
またメールで一度やり取りした方に、初めてご挨拶できたりと、すごい。
制作している、若い人たちにたくさん出会え、みんなすごいなあ。と感じました。

IMG_3086.jpg

ASPの展示も、見応えある物でした。パフォーマンスも良かったなあ。

IMG_3093.jpg

外はザーザー雨。中は人でわさわさ。蒸し蒸しの暑さです。

IMG_3087.jpg

中央のペットボトルは、お酒。果物“サラッ”のお酒だそうです。
梅酒のようないい香り。美味しい。バリ島?からのお土産でしょうか?


近くのオーガニックのレストランで(ミラス)で、お茶して、
加藤さん家まで車で帰りました。

IMG_3581.jpg

着いたのは23時頃。
東京から出発の長〜い一日がおわりました。


ASP artist support projectのフェイスブックページ
高屋佳乃子さんと、フダトゥラさんの展示の新聞記事


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【鹿角版画 早川純子】(Junko HAYAKAWA) 版画家:絵本作家 
不思議世界に繋がるハッピーワールド!版画や絵本を作っています。 

こんにちは。このブログを見ていただいて、ありがとうございます。
2017年に、こちらの新しいブログに引っ越しました。→【blog】https://www.sikatuno.net
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私はうさぎや鹿など、ちょっと変わった生き物が登場する、版画や絵本を作っています。

鹿角版画の《鹿角;しかつの》は、鹿のツノをアンテナに見立てて、名付けました。

頭につけたアンテナで、ワクワクのタネを受けとめ、作品をつくる。
できた作品が、どんどん世界に旅立って行って、それが新しい出会いにつながる。
そしてまた、ワクワクの作品を作れるのがうれしいな。
小さい人や、大きい人の、ワクワクの泉になると嬉しいな〜と、想像しながら作品を作っています。
のんびり気長によろしくお願いいたします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
早川純子ホームページ【Homepage】
https://www.hayakawajunko.com


<早川純子のSNSアカウント>
【blog】 
https://www.sikatuno.net

【twitter】:新月と満月の時に、呟くことが多いです。
https://twitter.com/sikatunohanga

【instagram】;顔を作って遊んでいます。明るい気持ちになってくれると嬉しいな。
https://www.instagram.com/junko_hayakawa

【LINE】
https://line.me/R/ti/p/%40vfh7580d

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
早川純子【はやかわ じゅんこ】版画家:絵本作家 
東京生まれ 1997年 多摩美術大学院修了
大学で版画を学び、現在版画を作りながら絵本の仕事をしている。
主な絵本に、「まよなかさん」(ゴブリン書房)、「はやくちこぶた」(瑞雲舎)、
「どんぐりロケット」(ほるぷ出版)、
「山からきたふたご スマントリとスコスロノ」(乾千恵再話、松本亮監修/福音館書店)など
多数。
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る